夫、妻に借金があるかどうかを見つける為には、全国にある株式会社日本信用情報機構に行くか、郵送で依頼して、信用情報の開示をなさってください。信用情報の開示をすれば、株式会社日本信用情報機構に加盟している金融機関やクレジット会社のローンの状況や消費者金融への借金の金額やその返済状況などが分かります。ただ、原則として、本人が開示手続きをしないといけない為、代理人の場合は、所定の委任状など、必要である書類が多くなるみたいです。それに、株式会社日本信用情報機構で調べる事ができるのは、あくまでも、加盟している金融会社への借金情報だけです。闇金などに借金している場合には、見つける事は出来ません。闇金からの借金の有無を調べるには、携帯電話の着信履歴を調べてみるというのが最も有効な方法です。非通知からの着信が多ければ、闇金から借金をしている可能性が高くなります。また、郵便物やゴミ箱を確認すると、借金をしている証拠がみつかる場合もあるのです。債務調査を調査会社に依頼するという方法もあると思いますが、費用がかかりますし、詐欺も多いので注意が必要になりますよね。借金癖というものは、麻薬中毒やアルコール中毒などと同じく、繰り返し繰り返す人が多いに繋がるはずです。借金を重ねる人と言うものは、借金をすることに抵抗がなく、借金したお金も自分のお金みたいに考えてしまっていることでしょうね。弁護士などに依頼して、債務整理をすると、自己破産しなくても借金しづらい状況を作ることができるのです。ですが、これもまともな金融会社への対策でしかないのですから、闇金っぽいところでの借金を防止する手立てにはなりませんー